アガサ・クリスティー検察側の証人を見終わって満足感と敗北感。

アガサ・クリスティーの特集をミステリーチャネルでやっていたのだが、残念なことに2か国語放送であった。ポアロやミスマープル等は2か国語だと知らなかったが、「そして誰もいなくなった」はてっきり、字幕だと思って録画したが2か国語だったので残念だ。そんな中1つだけ字幕だったのが「検察側の証人」で、ある程度最初の場面で事件が起きるのだが、犯人はこいつだと思うし役者も犯人になりそうな人が演じている。最初はとっつきにくい感じだったのだが、どんどん引き込まれたわけではあるが最初のこの人が犯人だろうというのはアガサ・クリスティーでなければ疑わなかったに違いない。
そして、アガサ・クリスティーであればこそ多分どんでん返しが待ったいるはずだとわかっているので真犯人はわかるのである。ただし、犯人だと思う人が犯人だとおもったとしても真犯人がわかったとしても、読者であれ視聴者であれある程度の満足感と敗北感を同時にわき起こす技術は流石だと思った。

アガサ・クリスティー検察側の証人を見終わって満足感と敗北感。