笑顔のためにキャラ弁作りをがんばりました

息子が入った幼稚園は、基本給食だったのですが、年に何回かお弁当を作る機会がありました。初めて作ったのはマイメロちゃんのキャラ弁です。ご飯に桜でんぷを混ぜ、形を作るだけでも1時間…。あまりにも時間がかかり疲れたので次は普通のお弁当にしよう、と思ったのですが子どもの喜ぶ顔がうれしく笑顔の見たさに、お弁当のたびにキャラ弁を作りました。先生たちにいちばん驚かれたのはリンゴで作ったてんとう虫。リンゴをカットして、皮の赤い部分を小さなナイフで一つ一つぬいた力作!幼稚園の3年間に作ったキャラ弁は、上手ではなかったかもしれないけれど、「おいしかったよ!」と帰ってきてくれるのが、とてもとてもうれしかったです。年中さんのときには食べられない病?になり、園の給食はひと口、ふた口しか食べてくれませんでしたが、おべんとうだけは半分食べてくれました。いろいろな思い出があるおべんとうですが、まだまだ作る機会もあるはず…。たまには、キャラ弁も作らせてね!

笑顔のためにキャラ弁作りをがんばりました